凡人が成果を出すための習慣

残業ゼロで成果を出すには、どうしましょうか?

本紹介

社会人が主体性を身に付けるための思考法

こんにちは。 爽一郎です。 各企業で、新人が配属されるシーズンですね。彼らは、去年の採用試験を勝ち抜いてきた人々です。 そんな採用活動ですが、今、企業はどんな人を求めているのでしょう。 コミュニケーション能力が一位。そして、主体性が二位。そん…

上司が邪魔でうざいのは至極当然。どう対処すればよい?

こんにちは。 爽一郎です。 「上司が正直、うざい」 こんなセリフを最近、耳にしました。 私のセリフじゃないですよ? 業務を進めようとすると、上司が指摘してきたり、文句を言ってきたり。 こちらが進めようとしていることを阻害してくる。 上長承認?そん…

無茶ぶりやブラック企業勤務などの辛い経験は、成長に良いものなのか?

こんにちは。 爽一郎です。 ブラック企業は駆逐されるべき。 そう思います。 ただ、知り合いと話していると間接的にそれを否定する言葉が出ることがあります。 その知り合いを、仮にTとしましょう。 Tは数年前まで過酷な労働環境で働いていました。 残業は過…

成長する人がしている、「振り返る」ための方法

こんにちは。 爽一郎です。 難しいことをやるっていうのが好きな人がうらやましい。 私はあまり、難しいこととかチャレンジが好きではありません。 難しい仕事は辛い。 簡単にできるようになりたいもんです。 新人の同僚にこんなことを聞かれたことがありま…

プロジェクトマネジメントができない人の3つの要素

こんにちは。 爽一郎です。 プロジェクトマネジメントって大変ですよね。 プロジェクトは「未知への挑戦」なので、決まった進め方がないものです。 日々、多くの人々がトライ&エラーでプロジェクトに挑戦しています。 だからこそ、少しでも汎用的な進め方を…

優秀な人が持つスタンス。自分に厳しく、他人に…

こんにちは。 爽一郎です。 感情を排して仕事が出来たら、どれほどすばらしい成果が上がるだろうか。 そんなことを考えることは多々あります。 人間は感情で動く生き物なので、モチベーションが仕事の質を上げるということは一定正しい。 ただ、全ての人がモ…

上司と部下の軋轢。恋人との軋轢。その本質的原因とは

こんにちは。 爽一郎です。 同僚や上司との軋轢、恋人との喧嘩。 日常にそれなりにあることだとは思います。 これは何が原因かと言えば、様々です。 ただ、それらを回避する方法として、相手の抱いている『期待値』に着目する、という方法があります。 ■期待…

休日にリフレッシュできない一つの理由

こんにちは。 爽一郎です。 去年のことですが、仕事でめっちゃ頭使って疲れた日の夜に『進撃の巨人』のアニメをNetflixで見てめっちゃ後悔したことがあります。 気分転換のはずが、余計に疲れた。 進撃の巨人、話はめちゃくちゃ面白いのですが、多くの少年漫…

好きなことを求めるより、嫌いなことへの向き合い方にエネルギー注ぐ方が幸せになれる

こんにちは。 爽一郎です。 先日、5歳の娘と近所の公園に行きました。 娘は、公園の端っこに咲いている花を摘んで、 「おはなー きれーい」 と笑って眺めていたのです。 かわいいなぁと私は微笑ましく見ていました。 しかし、次の瞬間に娘が急変しました。 …

アマゾンも実践する、会議に最も必要なもの。

こんにちは。 爽一郎です。 私は企業勤め。 企業勤めだから、というわけではないのですが、とにかくいろんな案件で会議が多いのです。 この辺、会社によって会議の多さはまちまちかと思います。 ただ、どんな会社でもあるんじゃないかな、と思うのが、効率の…

正義のために怒る。気持ちいいけど、それは目的達成の遠回り

こんにちは。 爽一郎です。 誰かの行いが許せなくて、正義の怒りを感じることはありますか? 私にはあります。 凶悪犯のニュースを見れば怒りを感じますし、電車で並ばないとか、マナー違反を見てもイライラすることはあります。 仕事でも、 「なんであの人…

人材育成はとっても大変。人材育成にもっとも重要なことは…

こんにちは。 爽一郎です。 以前、こんなツイートがバズりました。 私の家事のやり方をベッドでスマホいじりつつみてた夫が「家事の効率化をもっと考えた方がいいよ。そんなやり方じゃ、ずっとむとちゃんは自分の時間が持てないよ?」と上からアドバイスして…

トランプに中国。勝つためには何でもする軍勢が怖い

こんにちは。 爽一郎です。 アメリカ大統領選挙が終わりつつあります。 とは言え、この記事の執筆時点では、まだ決着はついていません。 バイデン氏が当選確実と報道されつつも、トランプ氏は敗北宣言をせずに法廷闘争に入ろうとしています。 率直に言って、…

仕事が好きじゃない人間は、明日の自分のために仕事をするほうが良い

こんにちは。 爽一郎です。 会社である研修が行われました。 その研修はグループワークや個人ワークを行い、どんな行動をとったかを元に、長所や短所をフィードバックされるというもの。 自分の良い点を悪い点を客観的に伝えてもらい、より業務遂行に向けた…

一貫性がない理不尽な上司のもとで働くことは、拷問に等しい

こんにちは。 爽一郎です。 私が学校に通っていたころ。 いつもは穏やかなのに、急に怒る先生がいました。 その豹変ぶりは本当に驚きであり、優しい静かな口調から一瞬で 「なんででけへんのじゃゴラァ!」 というミナミの帝王に出てくるそり込みが入った人…

人を理解し、人に理解してもらうなんてとんでもなくエネルギーがかかる。だが、する価値はある

こんにちは。 爽一郎です。 時に、どうせあなたに私の気持ちなんて分からない、なんて思うことがあります。 こちらの考えを分かってもらえないとき。 批判ばかりされるとき。 運転をしていて、助手席からいろいろ運転について指摘される。 例えば、「車、右…

デフォルトと言う名のマクドナルドに頼り続けると、おいしいものは食べられない

こんにちは。 爽一郎です。 デフォルトの行動、というものは人が困ったときにとる行動として染み付いています。 昼ごはんで悩んだらカレーを食べがち。 色で悩んだら黒を選びがち。 意思決定をする際に、判断に困るとこのデフォルトが現れます。 非常に便利…

自己啓発がしんどいという人に読んで欲しい話

こんにちは。 爽一郎です。 私はこうしてブログを書いています。 内容はいわゆる”自己啓発”に分類されるようなものなのかもしれません。 マネジメントがどうとか、コミュニケーションがどうとか。 自己啓発とは何かといえば、ある意味マニュアルやガイドライ…

他人のふんどしで相撲をとれ

こんにちは。 爽一郎です。 『内村のツボる動画』という番組が家でついていて、何の気なしに見ていました。 番組の中で、バズる動画対決がなされていました。 <日向坂46>ハリセンボン春菜とのコラボMVでテレ東アナ軍団と対決 制作舞台裏、結果も(MANTANWE…

考えたくない人に考えさせるなんて無理。人は選ぶべし

こんにちは。 爽一郎です。 非常に考えさせられる本を読みました。 『わかりやすさの罪』という本です。 少し内容を引用します。 『企画書は1枚で、とか、伝え方が9割、とか、シンプルで明確であればあるほど、優良だと即断されるようになった。情報を受け…

無茶ぶり、高すぎる要求。それを丸投げすることは自己中な行為

こんにちは。 爽一郎です。 自分のことしか考えない人。 私はそんな人が好きではありません。 とは言え、あからさまに自分のことしか考えない自己中心的な人間は、意外と少ないものです。 そんな人は目立つから印象には残りますが、大多数の人は他人のことも…

人のあら捜し、言い訳。これはしたほうが良い

こんにちは。 爽一郎です。 人の悪い点が目についてしまうことが、あります。 人の良い点ばっかり見ることができたら、さぞかし脳内が健全で、幸せに生きられるだろうなぁ。 そう思います。 自分が何かをできなかった時、言い訳を探すこともあります。 でき…

本気で人を動かす人ほど、ワザと感情的に、滑稽にふるまっている

こんにちは。 爽一郎です。 私の祖父は、亡くなってもう十数年経ちます。 孫の私にとてもやさしく、かつとても聡明なじいちゃんでした。 そんなじいちゃんと、一度だけ政治家の話をしたことがあります。 それは、私が大学生になり、二十歳を迎え、選挙権を得…

健全に働き、幸福度を上げるには、個性を求めるべし

こんにちは。 爽一郎です。 結構前ですが、Twitterでバズっていた漫画をふと思い出しました。 下記にまとめがあります。 nlab.itmedia.co.jp この漫画が言いたいことは、『個性を若者は大切にしたいと思っているのに、社会がそれを殺す』ということです。 例…

論理的で建設的な議論ができる人の特徴

こんにちは。 爽一郎です。 論理的な人って、賢そうに見えますね。 ビジネスにおいて、ロジカルシンキング、いわゆる論理的思考は大事なものです。 論理的でさえあれば良い!というわけではありませんが、ビジネスにおいての最適解、合理的な判断を下すには…

プロフェッショナルに必要なことは『なんとなく』を撤廃すること

こんにちは。 爽一郎です。 プロフェッショナルって何? この問いには、いろいろな答えがあるでしょう。 あ、NHKの番組ではないですよ。 ただ、第一線で活躍するプロの持つ特性や意識って何だろう、なんてことを考えると、仕事において成果を出すためのもの…

確かに好きなことを仕事にすれば幸せかもしれない。だが、普通の我々は『私達の幸せ』を追求するほうが幸せになれる

こんにちは。 爽一郎です。 精神的に強い人ってどんな人? という話になった時、ある人がこう言いました。 「ふてぶてしい人。周りのことを考えない人。人の気持ちを考えない人。」 いわゆるサイコパス的な人のことです。 それを聞いたとき、なるほど、と思…

同じことをし続けず、後任に自分の立場を渡す。それが必要な時

こんにちは。 爽一郎です。 習慣定着に関するコーチングで人を幸せに導きたいというのが、私の思いです。 クライアントが習慣を身に着け、コーチングが不要になって独り立ちすることはとても喜ばしいことです。 ですが、寂しくもあります。 やはり、人から頼…

効率的な時間の使い方って、結局は何なの?

こんにちは。 爽一郎です。 めっちゃ仕事早い人、いますよね。 仕事抱えてそうなのに、定時で帰っていて、かつちゃんと成果も出している。 ワークライフバランス抜群ですやん!という人々。 当たり前の話ですが、そういう人は仕事を効率化しています。 いや…

すぐ手に入るスキルばかり重視すると、正論ばっかりおじさんになる

こんにちは。 爽一郎です。 少し扇動的なタイトルですが、今日の内容を要約するとそんなタイトルになるのです。 さて、希少価値のあるスキル、とはなんでしょうか。 希少価値。 簡単に言えば、誰もができることではなく、できると役に立つようなこと。 海外…